佐藤史郎 sato-shiro.com
主な研究テーマ:女性の起業、英語教育、ディベート
プロフィール
著書の紹介
コラム
パブリシティ

跡見学園女子大学教授
佐藤史郎
メール info@sato-shiro.com

佐藤史郎バナー

メルマガ
佐藤先生が発信する!女性の起業レポート
水平線
第2号 街の不動産屋さん
佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.2<2006.07.25>
(マガジンID 0000193721)
********************************************************************
   佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.2

         「街の不動産屋さん」
********************************************************************


起業を専門に研究している佐藤先生がお送りするメルマガです。志のあるあ
なたのために、明日へのヒントが詰まっています!


★佐藤先生からのメッセージ

ここ数年私は、女性の起業に関する研究や啓蒙活動を行なってきました。

その理由として、女性の起業分野はサービス業が多く、それは日本の国内総
生産を押し上げるだけでなく雇用を最も増やすからです。女性に適したビジ
ネスとして衣・食・住が挙げられますが、これら以外にも企画や営業面で女
性を起用する企業が増えています。このような視点で、女性の起業を成功さ
せるための支援活動を大いに行なっていきたいと考えております。


──────────────────────────────────
★街の不動産屋さん
──────────────────────────────────

今回は女性に適した有望業種として、住の分野、そしてその中から街の不動
産屋さんを取り上げたいと思います。


いわゆる賃貸式アパートやマンションはゼロ金利政策が解除される前後に大
幅に増えたことは間違いありません。それ以前にもそれらの戸数は過剰気味
だったので、賃貸アパートやマンションの借り手にとってはますます有利に
なったと言えます。この分野にもエイブルやセンチュリー21などがチェー
ン店方式で不動産の店舗を展開しています。これらのチェーン店はほとんど
が立地条件の良いところに事業展開をしているので集客力はそこそこあると
言えます。

しかし、顧客の物件を選ぶ眼が以前にも増して厳しくなっている中で、どの
程度顧客満足度が高いのか疑問な点があります。なぜならば、多くの場合顧
客が月々支払う金額は収入に比較して高額で高負担なため、今後顧客は賃貸
物件のハード面(耐震性、安全面の対処、トイレや風呂などの設備)がどう
なっているかのチェックは勿論,住まいの環境が快適な住生活に適している
かどうかに関するソフト面の条件をこれまで以上に重視するからです。

住環境としては、公園や病院、そしてスーパーなどが近所にあるかどうかを
はじめとして、場合によってはストレスを発散するためのスポーツジムや癒
しとしての整体を行なうところがあるかどうかなどまでも物件の選考基準に
なるでしょう。
           
☆なぜ女性が賃貸物件の斡旋業に適しているか
 
今後賃貸物件を探す顧客の要求は多岐にわたるだけでなく、それらの内容も
より具体的で細かくなる傾向が強まるでしょう。この背景としては、賃貸物
件をめぐる需給のアンバランスと人々が住まいとその環境に対し、これまで
以上に快適性と癒しの要素を求めてくるからです。

これらの要素を考慮に入れると、不動産売買契約のうち特に賃貸物件の斡旋
は断然、女性が向いています。賃貸物件(建物)の堅牢性はもちろんですが、
安全面の対策がどうなっているか、部屋の間取りや機能性、日当たり、水周
りなどは物件ごとに即座
にしかも詳細に答えられることが、今後の顧客満足度に結びつくのです。

すなわち、ひとつひとつの物件に関するこれらの情報を顧客に正直に開示す
ることが、顧客に安心と信頼をもたらすことになるのです。このような観点
からは、女性は通常、家事を任されており、とりわけ台所の使い勝手やトイ
レや風呂の機能性などはほぼ本能的に把握してしまう特性を備えているので
す。従って、男性に比べると圧倒的に有利な立場にいると言っても過言では
ありません。

女性が顧客の場合最も重視するのが、安全性の確保です。この点に関しても
女性の立場から納得がいくまでチェックし、同性である女性顧客に物件を勧
められるのが女性なのです。さらに今後は、物件を取り巻く環境も安全性や
利便性はもとより、文化的施設や癒しの施設の有無などもしっかり把握して
おき、顧客が納得するまで説明できる体制が必要になってくるでしょう。こ
の点でも、生活や住環境により密接に関わっている女性の方が適しているの
はいうまでもありません。
            
☆高齢者・若者・女性の顧客への接客は女性が適している


これまでの不動産業者に対するイメージがとかく暗かったり、相談しにくかっ
たりという面があったことは否定できません。その点、足元を見られがちな
顧客層である、高齢者や若者、そして女性は斡旋スタッフが女性のほうが安
心して物件に求める条件を述べることにより、より満足度の高い買い物をす
ることができるのです。

住居の売買や賃貸契約を結ぶことは、多くの人にとっておそらく人生最大の
買い物です。そこで、契約の内容を顧客が充分納得する必要があるのですが、
その点、契約内容や条件を逐一説明するのに適した女性の堅実性と確実性が
モノをいうのです。

☆満足度の大きいビジネス


以上の諸点を勘案すると、不動産の賃貸契約業務は圧倒的に女性が適してい
ると思います。あらゆる買い物の中で最も高価で大切な買い物を顧客が喜ん
で行なうための手助けができるのがまさにこの分野であると考えれば、これ
以上やりがいのあるビジネスはないのではないでしょうか。女性の皆様には
大いに活躍をしていただきたいと切に思います。


★佐藤史郎(跡見学園女子大学教授)
http://www.sato-shiro.com/

取材・講演依頼などのお問い合わせはsato-melma@sato-shiro.comへ。
お急ぎの場合は03-3918-8997, 携帯090-1852-9376まで。


──────────────────────────────────

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000193721.html 

Copyright 2006(C)佐藤史郎 All rights reserved.

記事の無断転載を禁じます
──────────────────────────────────
							

2009 Shiro Sato All Rights Reserved.