佐藤史郎 sato-shiro.com
主な研究テーマ:女性の起業、英語教育、ディベート
プロフィール
著書の紹介
コラム
パブリシティ

跡見学園女子大学教授
佐藤史郎
メール info@sato-shiro.com

佐藤史郎バナー

メルマガ
佐藤先生が発信する!女性の起業レポート
水平線
第3号 住まいのコンサルタント
佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.3<2006.08.08>
(マガジンID 0000193721)
********************************************************************
   佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.3

         「住まいのコンサルタント」
********************************************************************


起業を専門に研究している佐藤先生がお送りするメルマガです。志のあるあ
なたのために、明日へのヒントが詰まっています!


★佐藤先生からのメッセージ

ここ数年私は、女性の起業に関する研究や啓蒙活動を行なってきました。

その理由として、女性の起業分野はサービス業が多く、それは日本の国内総
生産を押し上げるだけでなく雇用を最も増やすからです。女性に適したビジ
ネスとして衣・食・住が挙げられますが、これら以外にも企画や営業面で女
性を起用する企業が増えています。このような視点で、女性の起業を成功さ
せるための支援活動を大いに行なっていきたいと考えております。


──────────────────────────────────
★住まいのコンサルタント
──────────────────────────────────


住まいのコンサルタントとありますが、内容は文字通り住まい造りの相談か
ら、設計やインテリアデザインの請負、さらには施行業者の選定に至るまで
一貫して女性の感性を活かしたハウジングビジネスのことです。

顧客の希望や注文を最大限,家造りに反映させる際、女性の感性を設計の細
部にまで生かそうとするのが最大の特徴です。

21世紀の住宅は堅牢で災害に強いことを基本条件にしつつ、バリアフリー
住宅、二世帯住宅、ペットとの共生が可能な集合住宅(マンション)、防音
設備の完備した集合住宅、情報・通信設備の完備した集合住宅など、住み手
の希望や要望を満たした戸建て住宅や集合住宅が主流となることが予想され
ます。


ここでは、注文住宅を取り上げた後、集合住宅に視点を移し女性の役割を検
討することにします。注文住宅の場合、まず顧客のさまざまな要望を取り入
れた後、設計を行い、その設計を忠実に(手抜きなしに)建築に反映しうる
施行業者を選定した後、設計どおりに住宅が完成したかどうかを見届けるま
でがこのハウジングビジネスの根幹をなすことになります。

これらの業務の中には、顧客の希望をより良い形で設計に反映すべく、コン
サルタント側からさまざまな提案を行なうことも含まれます。


建築に関する相談から建物の完成状態をチェックするまですべての工程を女
性が率いる専門家チームが鋭意監督し、施工主にとって人生最高の贈り物に
なるよう実現に向け努力するというのが住まいのコンサルタントの主たる業
務内容です。

住まいのコンサルタントとは、建築に関わる専門家からなる女性チームのこ
とです。すなわち、建築家を中心として、保険・医療、福祉、介護、インテ
リアデザインなどの分野の専門家(場合によって各種セラピスト)が協議し
ながら、個々の注文に対して積み木を組み立てるように完成させていくので
す。

このビジネスは手間暇はかかるものの、二十一世紀の家造りには最もふさわ
しいだけでなくやりがいのあるビジネスのように思われます。
 
集合住宅の場合は、大手マンションディベロッパーと協力して二十一世紀の
新しいタイプの集合住宅の設計をすることが主な業務となります。たとえば、
高齢者向けのバリアフリー住宅から一歩踏み出して、高齢者一人一人が趣味
を共同作業の形で楽しめるような作業室を設けた集合住宅や、世代間のコミ
ュニケーションを促進するためのさまざまな催しや集会が可能なホールや会
議室付きの集合住宅、さらには共稼ぎ夫婦が暮らしやすくなるような保育室
が完備した集合住宅など、さまざまな目的や用途にあった建築プランを提供
するのです。

ひとつの棟の中に、目的による住み分けが可能になるような工夫を加えるの
も必然的な流れになるでしょう。住宅の質の向上が課題となる二十一世紀に、
この事業分野は社会的意義の高い極めてやりがいのある分野となるでしょう。

なぜ住宅の質が問題になるのかと言いますと、来るべき競争社会を迎えてよ
り多くの人々が住宅に快適性や癒しの空間、さらには生きがいをも求めるよ
うになると予想されるからです。

 

★佐藤史郎(跡見学園女子大学教授)
http://www.sato-shiro.com/

取材・講演依頼などのお問い合わせはsato-melma@sato-shiro.comへ。
お急ぎの場合は03-3918-8997, 携帯090-1852-9376まで。


──────────────────────────────────

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000193721.html 

Copyright 2006(C)佐藤史郎 All rights reserved.

記事の無断転載を禁じます
──────────────────────────────────
							

2009 Shiro Sato All Rights Reserved.