佐藤史郎 sato-shiro.com
主な研究テーマ:女性の起業、英語教育、ディベート
プロフィール
著書の紹介
コラム
パブリシティ

跡見学園女子大学教授
佐藤史郎
メール info@sato-shiro.com

佐藤史郎バナー

メルマガ
佐藤先生が発信する!女性の起業レポート
水平線
第4号 健康志向の街の定食屋さん
佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.4<2006.10.27>
(マガジンID 0000193721)
********************************************************************
   佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.4

         「健康志向の街の定食屋さん」
********************************************************************
起業を専門に研究している佐藤先生がお送りするメルマガです。志のあるあ
なたのために、明日へのヒントが詰まっています!

★佐藤先生からのメッセージ

ここ数年私は、女性の起業に関する研究や啓蒙活動を行なってきました。

その理由として、女性の起業分野はサービス業が多く、それは日本の国内総
生産を押し上げるだけでなく雇用を最も増やすからです。女性に適したビジ
ネスとして衣・食・住が挙げられますが、これら以外にも企画や営業面で女
性を起用する企業が増えています。このような視点で、女性の起業を成功さ
せるための支援活動を大いに行なっていきたいと考えております。

──────────────────────────────────
★健康志向の街の定食屋さん
──────────────────────────────────

21世紀のニュービジネスを考えるうえで外せないキーワードの一つは「健
康」です。私は今、王子の近くの飛鳥山にあるマンションに住んでいますが、
とても不便に感じているのが定食屋さんが無いことです。先日も、30分以
上も自転車を走らせた結果入ったお店が“不潔二重丸”のお店で食べること
になってしまい、そそくさと出てくる羽目になってしまいました。

 さて都心にはファミリーレストランをはじめ、立ち食いそば屋やファース
トフード店などが目に付きますが、いずれもが味の画一化が原因で消費者か
らは飽きられてきたのと高脂質食品というイメージが災いして業績の伸び悩
みが伝えられています。

 そのような中、最近チェーン組織のもと店舗数を急激に伸ばしているのが
健康志向の定食屋です。いわゆる「さば味噌煮定食」や「メンチカツ定食」
などのように定食中心のスタイルと比較的低価格の一品料理を客が選ぶセル
フスタイル(カフェテリア)方式とがあります。東京の都心部に定食メニュ
ー方式のあるチェーン店に私も入りましたが、品揃えはともかく味のほうは
お世辞にも美味しいとはいえませんでした。

 これらのことから女性が料理好きのパートナーと組んで定食屋をオープン
させ成功させる余地は十分あるのです。

この分野こそ女性に向いているうえお客に喜ばれる業種です。サラリーマン
は適当な定食屋がないから仕方なく立ち食いそば屋へ行くのです。現代人は
健康への意識が過剰なくらい強いので、メニューは栄養のバランスが取れる
よう配慮することです。セルフスタイル方式にして人件費を浮かせた分、メ
ニューにバラエティーを持たせることも一案です。

どんなビジネスも大切なことは、客が得をしたと感じられるかどうかです。
そのためには、味が良いことと価格が手ごろでなければなりません。

さてどこで他店と差別化を図るかが大切です。食後にコーヒーを割安な割安
な値段で出しているチェーン店もあります。これもよいでしょう。独身客
(お店に入るときは一人の客は独身)はカウンター席を好みます。テーブル
席を真ん中にして回りをカウンター席が取り囲むようにするのもよいと思い
ます。

カウンター席の前が壁の場合どうしますか?ある定食屋チェーンは立体画面
に熱帯魚が泳ぐ光景が見られるようにしています。とてもよいアイディアで
す。サラリーマンやOLにとってはお昼休みは張り詰めた心を解き放つ貴重な
憩いのひと時でもあるのです。会社の外に出て納得のゆく食事ができ精神的
に癒されれば多くの人は満足することでしょう。

心に安らぎをもたらす色は“緑”です。観葉植物を数箇所に配置するのもよ
いでしょう。定食屋といっても「清潔さ」は命です。目に見えないところで
も客の目を意識することです。人間は自分の目で見て食欲を感じるので、メ
ニューは一目見てアピールするように工夫することです。単品や定食全体の
カロリーの量や栄養成分をメニューの片隅に載せるのもこれからはよいでし
ょう。

 最後に需要の見定めですが、一定の乗降客が見込める駅の近辺や大きな企
業・工場や学校の近くなどが考えられます。競合店の有無も考慮に入れて需
要の見通しを判断することも大切なことです。

しかし何といっても重要なのは客に満足してもらうという奉仕の心とそれを
どのように具体化するかです。これこそがサービス業の原点だからです。 

★佐藤史郎(跡見学園女子大学教授)
http://www.sato-shiro.com/

取材・講演依頼などのお問い合わせはsato-melma@sato-shiro.comへ。
お急ぎの場合は03-3918-8997, 携帯090-1852-9376まで。

──────────────────────────────────

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000193721.html 

Copyright 2006(C)佐藤史郎 All rights reserved.

記事の無断転載を禁じます
──────────────────────────────────
							

2009 Shiro Sato All Rights Reserved.