佐藤史郎 sato-shiro.com
主な研究テーマ:女性の起業、英語教育、ディベート
プロフィール
著書の紹介
コラム
パブリシティ

跡見学園女子大学教授
佐藤史郎
メール info@sato-shiro.com

佐藤史郎バナー

メルマガ
佐藤先生が発信する!女性の起業レポート
水平線
第7号 「これがあればよいのに」を満たすことが勝ち組の要因
佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.7<2007.12.17>
(マガジンID 0000193721)
********************************************************************
   佐藤先生が発信する!女性の起業レポートVol.7

       『「これがあればよいのに」を満たすことが勝ち組の要因』
********************************************************************


起業を専門に研究している佐藤先生がお送りするメルマガです。志のあるあ
なたのために、明日へのヒントが詰まっています!

★佐藤先生からのメッセージ

ここ数年私は、女性の起業に関する研究や啓蒙活動を行なってきました。

その理由として、女性の起業分野はサービス業が多く、それは日本の国内総
生産を押し上げるだけでなく雇用を最も増やすからです。女性に適したビジ
ネスとして衣・食・住が挙げられますが、これら以外にも企画や営業面で女
性を起用する企業が増えています。このような視点で、女性の起業を成功さ
せるための支援活動を大いに行なっていきたいと考えております。

──────────────────────────────────
★「これがあればよいのに」を満たすことが勝ち組の要因
────────────────────────────────── 

新しいビジネスを立ち上げる際に最も大切な要素はそこに需要があるか否か
です。

もの珍しいだけでは成功への切符は手に入りません。消費者、生活者、或い
は企業経営者の目線で、「そういう商品やサービスが提供されるのを待って
いたんだ」と、心の中で拍手が送れるようなビジネスの成功する確率は高く
なります。

このような観点を視野に創業し、成功を収めた事例を二つ紹介します。
 
最初は、宅配便の荷物を自分の都合の良いときに受け渡しできるシステムを
オンライン化で可能にしたビジネスです。このシステムは、操作が簡単な上、
帰宅後にIDカード一枚で宅配荷物が受け取れることを可能にしたのです。


このシステムの登場は、共働き夫婦や独身者にとって、まさに福音以外のな
にものでもないでしょう。これまで他の用事を犠牲にしてまで再配達の時間
帯を設定せざるをえなかったことから一転して、再配達の待ち時間を有効に
使えるようにしたという意味で社会的意義も大きいといえます。

もうひとつの事例は、個人が不要となったものを商品としてネットオークショ
ンに出品して、対価を得るというビジネスモデルの「企業版」といえます。

企業は独自のマーケティング調査に基づいて需要予測を行い、商品を仕入れ
ます。予測が大きく外れると在庫を抱えることになりますが、勿論これはコ
ストアップ要因となって企業経営を圧迫する要因のひとつになります。

そこで、ここに目をつけ、過剰在庫を放出する企業とそれらの商品を買い取
る企業の情報をネット上で24時間やり取りできるようにしたベンチャー企
業があります。過剰在庫を放出する企業は在庫を処分できるだけでなく、売
却による対価が得られ、一方、過剰在庫を買い取る企業は格安の価格で商品
を仕入れることが出来る点で、双方にとって大きなメリットが生まれるので
す。

ネットオークションは一般大衆に認知され気軽に利用できるようになってい
ますが、この考え方を企業にも応用できるのではという発想こそが広い意味
でニッチ(需要のすき間)を埋め成功に結びつく要因になるのです。

今回は、消費者や生活者の目線で需要のすき間を絶えず探し求めれば、新し
いビジネスの発想が生まれるということと、すでに成功を収めているビジネ
スモデルを他の業態へ応用できないものか、その可能性を探ってみることの
重要性について二つの事例を紹介してみました。

★佐藤史郎(跡見学園女子大学教授)
http://www.sato-shiro.com/

取材・講演依頼などのお問い合わせはsato-melma@sato-shiro.comへ。
お急ぎの場合は03-3918-8997, 携帯090-1852-9376まで。


──────────────────────────────────

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000193721.html 

Copyright 2006(C)佐藤史郎 All rights reserved.

記事の無断転載を禁じます
──────────────────────────────────
							

2009 Shiro Sato All Rights Reserved.