佐藤史郎 sato-shiro.com
主な研究テーマ:女性の起業、英語教育、ディベート
プロフィール
著書の紹介
コラム
パブリシティ

跡見学園女子大学教授
佐藤史郎
メール info@sato-shiro.com

佐藤史郎バナー

 
女性の起業Q&A

起業を目指す女性からよく訪ねられる質問を載せたいと思います。
質問   女性の起業に適したビジネスは何ですか。

お答 基本的には衣食住の分野です。女性と衣食住は密接に結びついています。少しでも有利で差別化が図れそうな分野で開業したほうが成功する確率は高いでしょう。
21世紀のキーワードは心身両面の健康と高齢者です。これらのキーワードを衣食住と組み合わせるのです。たとえば、病院内の高齢者の着衣を着脱しやすくおしゃれなものにして売り込むとか、お弁当の宅配を機におしゃれな外出用ファションを提案するなどです。
 気持ちが内向きになってしまっている高齢者も、内心はおしゃれしたい気持ちでいっぱいなのです。日本の消費市場は若者中心に偏りすぎていて、高齢者が気に入るような商品やサービスを提供する努力がまだまだ足りません。しかも60歳以上の高齢者は一番のお金持ちでもあります。ここに、膨大なビジネスチャンスが眠っているのです。
  住の分野では、女性建築士を中心にインテリアデザイナーやカラーコーディネーター、さらには、介護福祉士などがティームを組んで、設計から施行までを請け負うビジネスが世の中の需要とあいまって必ず脚光を浴びてくると思います。男性より長い時間住居に接している女性固有の感性を住まい作りに生かせば、住宅の購買時に大きな影響力をもつ女性からの支持も得られやすいでしょう。
 もうひとつ住の分野で取り上げると、女性や若者を中心顧客層とする街の不動産業です。これも女性が適しているといえます。賃貸物件で女性が最も重視するのが安全面と利便性です。その次の条件として重要なのが、日当たりのよさと台所の使い勝手などが来ます。これらの要素は不動産業を営む女性だからこそ充分な下調べに基づく説明が可能になるのであり、顧客満足度が高くなること請け合いです。女性や若者にとって、女性が相談相手になった方が安心して任せられるという利点もあります。


質問   どのような性格の女性が起業に向いているのですか。

お答  ビジネスで成功するための要素はひとの性格ではなく、磨きぬかれたビジネスセンスです。つまり、どのような人がどのような製品又はサービスを望んでいるのかを見抜く感覚が最も大切です。
 それに付随して決断力や事業の構想力などが必要になってきます。しかし、これらの要素は努力と訓練で身についてくるもので、はじめから備わっている人はいません。
 結局、事業を成功に導くための最も大切な要素は、初志を貫徹しようとする強固な意志の力と不断の努力ではないでしょうか。
また、忘れてならないのは人と人のつながりで、特に苦境に陥ったときに大きな力になります。


質問   起業をする前に心がけるべき事柄は何でしょうか。

お答  「選択と集中」ということばがあります。これは、得意な分野に資金と人的資源を集中的に投入するという考え方ですが、選択した商品やサービス内容に充分な需要が見込めることが前提です。
 そして、不得意な部門を外部委託するという考え方も理にかなっています。実は、ベンチャー企業や中小企業が最も不足していると認識している要素が営業力なのです。
 しかし今は、営業スタッフの派遣から営業ノウハウの提供までさまざまな営業代行サービスを受けることが可能となっていますので安心してください。
 新たにビジネスを始めたり、お店を開業する際に最も心すべきことは、やはり充分な需要が見込めるか否かという点です。マーケットリサーチをしないで新規開業をするのは、素手で武装した人に対抗しようとするようなものだからです。


質問   資金の準備はどうしたらよいでしょうか。

お答  民間の銀行や信用金庫なども創業者のために資金を貸し付けてくれますが、女性の場合は中小企業金融公庫や国民生活金融公庫など、国の金融機関を利用することがベストでしょう。
女性の返済率が男性と比較して極めて高いことも有利に働く要因となっています。また、一度でも国の金融機関から融資を受けられれば、それだけで民間の金融機関から融資を受ける際に有利に働くのです。
 しかし実際は、女性が開業する分野は個人事業レベルのサービス業が多いということもあって、自己資金で開業資金をまかなうケースが少なくないようです。


質問   これから開業しようとする人に一言お願いします。

お答  夢は必ず実現できるものと信じ、努力と改善を続けることです。また、女性の場合、開業を自己実現と捉え収益を度外視する人がいますが、きちんとコスト管理をして儲かるビジネスにしたほうがいいですね。
 それから失敗や挫折の経験を大切にすることです。つまり、失敗の原因を冷静に客観的に分析して、それに基づいて改善策を見出していくようにすることが大事です。おそらく、このことの繰り返しを続けるほど成功の確率が高まっていくものと思われます。
 最後に、できれば同業種の起業仲間(先輩も含め)を作っておくことです。苦境に陥ったときに精神的な支えになってくれたり、ヒット商品に結びつくようなヒントが得られたりと、救世主のような働きをすることもある、意外と大きな存在なのです。


2009 Shiro Sato All Rights Reserved.